米軍が恐れた零戦の空戦性能

スポンサーリンク

4: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:11:26.62 ID:gE0n1SBP0
東京湾で飛んでた零戦、見たかったなー
ツインワスプエンジンだったけどあれはゼロ

7: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:11:52.31 ID:cq6Fdloq0
そんなに強いんだったら
あんな数いたのにどこ消えたんだ

12: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:13:20.17 ID:trv0A82r0
>>7
酷使され消耗していった。
アメリカお得意の物量作戦で来られたらもうねぇ。

「数の暴力」にゼロ戦は負けた

18: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:15:24.37 ID:WA9RHYmw0
>>7
空中戦だけで決まるようなものじゃないんだよ、戦争は

20: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:16:06.93 ID:hHvZ+p4x0
アメリカの飛行機の数はそれ以上。
戦いは数だよ、兄貴。

23: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:16:39.66 ID:OvXSigfz0
今はもう、ミサイルキャリアー。
戦闘機にロマンなどない

26: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:17:16.52 ID:A/J9khzu0
堀越二郎

零戦での強度と軽量化のためのハニカム構造って工業製品に今も生きている

963: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 10:06:05.17 ID:KH6pXfS60
>>26
ジュラルミンも何気に日本の発明

33: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:19:25.87 ID:bLB2Zs8w0
鍾馗って人気ないよね (´・ω・`)

551: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 09:29:55.21 ID:DFrbHDyZ0
>>33
好きなんだけどなあ

あと雷電

640: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 09:38:16.00 ID:wjsyCexX0
>>551
ずんぐりした力強いデザインの中に洗練があるんだよね

38: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:19:55.37 ID:tMwbm+lo0
防弾より何より速度が遅すぎ
最高速度も500kmちょい巡航速度に至っては300km以下

54: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:24:05.56 ID:Gd8MlvDN0
>>38
開戦時はどこもそんなモノ
高出力エンジンが終戦まで作れない日本は、零戦がどうのというレベルじゃない。

41: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:20:36.31 ID:oG/1YAvh0
12.7ミリ6丁とか積めてればねえ
20ミリと7,7ミリでは・・・

49: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:22:53.47 ID:m3xhb5up0
あの時期に欧米と渡り合える機体造れたのは評価していいんじゃね?

工作機器やマシンオイル輸入元と戦争始めたのはアホだと思うけど

73: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:28:47.61 ID:b1hiiPdI0
>>49
全面戦争で勝てるわけ無いから局地戦で勝って有利に和睦しようとしてたって聞いた気がする

93: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:31:18.19 ID:PY5Kt+1B0
>>73
それは海軍の考えね、っていうか山本五十六
陸軍はまったく違って戦線拡大しまくった

142: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:38:28.64 ID:fre4i5g/O
>>73
日露戦争における英米みたいな信頼できる第三国も無い状態で局地戦で勝ったぐらいで和睦できる確率とか本当に計算したのかな?
多分、希望的観測で無闇に突っ込んで行っただけだろうね

60: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:26:32.02 ID:fre4i5g/O
大戦初期の頃だけ
零戦は大して進化しなかったが、アメリカの戦闘機は凄まじく進化して零戦を遥かに上回ってしまった

71: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:28:20.43 ID:GGTvE8G00
まじ悲しい
WW2以前の全戦全勝の日本をもっとドラマ化しろ
何を飢えてひどい目に遭ったばっかのWW2だけ映像化してんだ

80: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:29:19.55 ID:POIzpFyd0
開戦直後にアリューシャン方面で地上に墜落した機体放置して持って行かれて研究されてしまったんだよな。
それで対策されて大戦後半はボロボロ落とされまくった。

119: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:34:50.43 ID:KJ5/R1nz0
搭乗員は使い捨て
搭乗員は死に物狂いで助ける

慢心環境の差…

135: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:38:01.80 ID:eqqOVJ+30
終盤ボロ負けやんけ

158: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:41:09.27 ID:yT/Jb/Rv0
>>135
そらベテラン消耗してるし、乗ってるのほとんど飛ばすだけが精いっぱいの素人集団だからな。
それに工業力が違いすぎて数で圧倒されてりゃ勝ちようもないわけで。

140: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:38:18.00 ID:wm4lpAEv0
パイロットの生還率(防弾性)を犠牲にした結果としての空戦性能なんだよな
だからそれが戦争後半になって深刻なパイロット不足として現れることになる

616: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 09:36:18.87 ID:EPoxEjr60
>>140
>パイロットの生還率(防弾性)を犠牲にした
当時の実情では無理も無い
1.エンジンの性能が低い
2.防弾の技術が低い
3.防弾用のゴムなどの物資不足

145: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:38:56.60 ID:Q3o8Hdd50
勝利条件がめちゃくちゃ厳しいからどれだけ強くても絶対負けるのが当時の日本

155: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:40:32.56 ID:RJv1anMx0
零戦は過大評価されてるね。
まだ陸軍機の方が戦闘機としては水準レベルだよ。
まぁ艦載機ゆえの制約もあるだろうが。

156: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:40:49.01 ID:0xmyT5Q20
この間のゼロ戦見たけどふわっと飛び立って本当に軽そうだよな。

162: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:41:47.06 ID:RTCSzm240
零戦の最大の弱点は、無線機のしょぼさ。
それ故、零戦は集団戦闘ができない。

1対1では圧倒的な零戦も、
米軍がサッチウイーブやロッテ戦法などの集団戦術を使い始めると、
手も足も出なかった。

170: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:42:35.86 ID:hVsm4R5H0
日本軍の名前はかっこ良過ぎでいいよなあ
紫電改とか零とか名前だけで鳥肌立つわ

201: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:46:53.51 ID:Gd8MlvDN0
なぜか、航続距離の長さが上がらないなー
翼面荷重とか無視して、軽い=格闘戦性能の向上=防弾性能の切り捨てという三段飛び論法も如何かと。

223: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:49:30.50 ID:wVqChhh00
>>201
米軍機も国土が広い分、航続距離は持ってるからな。
英軍機の滞空時間の短さを嘆く手記も結構ある。

226: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:50:05.72 ID:W1X6mQvn0
>>201
急激なドッグファイトに関しては軽量化のあまり機体強度が不足してたとか?

217: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:49:03.45 ID:g5nEX8y90
日本の零戦は、工夫に工夫を重ねて開戦前にすごい性能の機体を作り上げたわけだけど、
その後、次々と高性能機を大量に送り出したアメリカ軍と、
零戦に頼り続けなければならなかった日本。

やはり基礎工業力基盤の弱さや、資源の不足は致命的だった。

229: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:50:30.33 ID:LwB+h46R0
速度などはともかく格闘性能が非常に高かったからな

ただ、資源不足や結果のみを求める上層部の意向で技術の研究開発が遅れた結果
大戦後期にはアメリカに性能面全般で劣ってしまった

264: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:55:23.88 ID:oG/1YAvh0
戦争は短期間にぱぱっとやって終わるのがベストなのに
中国で泥沼の戦争を続けてしまった挙句
さらにアメリカも相手にするとか
兵器の性能ではどうにもならないという

276: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 08:56:47.71 ID:cPRyMYf60
米国は飛行機壊れてもひとが助かりゃという設計だった

ゼロ戦は飛行機が落ちれば乗組員の命なくなるの当然とという設計だった

297: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 09:00:23.07 ID:huXvEJoe0
まあ少し戦史をかじるようになると零戦はゴミ、米軍最高って言いたくなるのがパターンよな
他の時代でもそうだが評価が極端から極端に振れる輩はめんどくさい

302: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 09:00:52.78 ID:Q3o8Hdd50
数負けて勝てるほど戦争は甘くない
ゼロ戦が弱いのではなく日本が弱かっただけ

310: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 09:01:57.87 ID:cTCZOg+10
航続距離、空戦性能が多少よくとも、操縦士の防弾、燃料タンクの発火防止を省いた結果
訓練と実戦を積んだパイロットがいなくなった
ハードの不足を個人の努力で補う精神論
昔も今も変わらぬ日本人のブラック思想

388: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 09:10:18.95 ID:Tj3bnw5V0
>>310
今も昔も困ったときの精神論
もちろんその犠牲は部下
そういう意味では変わらないね

893: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 10:01:00.23 ID:EPoxEjr60
>>310
>操縦士の防弾、燃料タンクの発火防止を省いた結果訓練と実戦を積んだパイロットがいなくなった
それ以外の理由が大きい。そもそも完璧な防弾など存在しない。

313: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 09:02:04.29 ID:ZYkpDAJ20
人を大切にしない国家なんて負けて当然
いまだってまーた悪い癖だして滅亡しかかってる
ずーっと愚かな国なんだよこの国は

327: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 09:04:07.35 ID:IHg3TMb30
零戦はフォルムが美しい。
あの形での最終形だと思う。
メリケンのグラマンとかグロテスク。

347: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 09:06:36.56 ID:gzJ2YB/c0
できない中でも勝てるとこを作らないといけないっていう結晶だろ

843: 名無しさん@1周年 2017/06/11(日) 09:57:31.23 ID:W3aQ751O0
>>347
確かにな。資源や金がアメリカ並みなら更に高性能の機体になってた
無い中で創意工夫して対等以上に戦ったことが凄い

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義!
2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio

  • このエントリーをはてなブックマークに追加